墓じまい ご相談お伺い致します
 墓じまいは、お墓のお引っ越し~~何処へ引っ越す?
1.住まいの近くに累代墓を新しく作り直す
2.永代供養墓に改葬する
3.手元供養(遺骨を自宅に保管する~本来は一度、家から出たお骨をお家に戻すことは良くありません。お寺で読経の上、手元供養して下さい)
4.散骨して遺骨を手放してしまう                    (心華寺ではお勧めは致しておりません)

お墓をなくすことは、心のより所をなくすことでもあります。
魂のふるさとであるお墓がなくなったとき、故人を再び亡くし、ご先祖様をも失ったたような気持ちになるかもしれません。遺骨を少し手元に残しておくのも供養の方法のひとつです。
墓じまいは費用もかかりますし、手続きも大変です。ご家族やご親族と十分な準備や話し合いをしながら進めてください。
大切なことはお墓が無くなったからといって、魂がなくなったわけではありません。魂を粗末にしては良くありません。ご先祖様の魂と自分・家族の命は同根です。血統・血脈をないがしろにすることは自分達を粗末にしているのと同じです。
いい加減な墓じまいをしてしまいますと、様々な障りが起こることもございます。
心華寺境内には宗旨・宗派問わずに入っていただける永代供養塔がございます。無縁仏にならぬよう、心華寺金港辯財天歴代住職が責任を持って供養させて頂きます。
心華寺にて、我々もご先祖様も安心・安泰の墓じまいをお勧め致します。